ブラインド

ブラインドもいろいろ

よくドラマなどでブラインド越しにその先を覗くワンシーンがあります。それにあこがれブラインドにあこがれた時期もありました。でも今のブラインドは想像しているブラインドよりもはるかに種類も増え使いやすさも増しています。そんなブラインドを調べてみましょう。

進化するブラインドカーテン

ブラインドというとアルミやプラスチックなどの硬い素材で出来ているイメージがありますよね。アルミやプラスチックなどの素材感を生かしたインテリアを作ることもできますし、パネルタイプのブラインドカーテンなら光の差し込む具合を調整できるのも魅力的です。しかも、ブラインドには布製で色々なところで使える不燃性・防水性の高い加工が施されているものや、掃除が簡単なフッ素やチタン加工されているものもあるんですよ。

ブラインドのタイプとは

【縦型(バーチカルブラインド)】

縦長のパネルが何枚も重なっているタイプのブラインドです。パネルが左右に動きブラインドの間隔を帰るころができます。ブラインドのパネルは少しずつ重ねているため、閉めている時には隙間は出来ません。また、レール式になっているものが多くブラインドを使わないときには、左右どちらかによせておくことができるので大き目の窓におすすめです。

【横型・羽根型(べネシャンブラインド)】

パネルが横になっているタイプのブラインドではめ込み式のものや上にあげることのできるシェードタイプもあります。縦型のブラインドに比べて小さな窓にも使いやすく、バスルームやキッチンに使われることも多くあります。そのため、水に強い防水・撥水加工されたものやインテリアとしてもオシャレな木製のものなど素材の種類も豊富です。

【プリーツスクリーン】

何枚ものパネルを重ねるブラインドではなく、一枚のパネルや布を蛇腹状に折りたたんでいくことの出来るタイプです。光を通す薄い素材が使われていることが多く、斜めになっている窓にも使うことができます。隙間は出来ませんが折りたたみの幅を調整することで光を加減することが出来ます。天窓や明り取り用の窓用のブラインドとして通販などでも人気があります。

【ロールスクリーンブラインド】

上に巻き上げて収納することが出来るタイプのブラインドで、布製のものが多いのが特徴です。収納時には大変コンパクトになるため、すっきりとした雰囲気を作りたい人にもおすすめです。デザインも豊富でインテリアカーテンとしても人気があります。ロールに巻き上げるタイプの他に、折りたたんで上にあげるシェードタイプもあります。

ブラインドの種類と特徴

【木製ブラインド(ウッドブラインド)】

木製のパネルが使われたブラインドで、バーティカルブラインド・ベネシアンブラインドなどに使われています。木の素材感がインテリアにも人気が高く、和室のブラインドとしても使うことが出来ます。アンティーク風に作られているウッドブラインドは、インテリアショップなどでも人気があります。

【アルミブラインド】

アルミ製のパネルが使われたブラインドには、インテリアブラインドとして使えるデザイン性の高いタイプと、事務所や会社などで使うシンプルで格安なタイプがあります。アルミ素材は軽くて丈夫ですが、さらに汚れにくい防汚・抗菌加工などが施されたタイプもあります。外から見たときに広告などが出る業務用のブラインドもアルミタイプが多く使われています。

【布製ブラインド】

スクリーンやプリーツタイプのブラインドには、布製のタイプが多く見られます。布でできているブラインドは、ある程度の光を通すため柔らかな印象を与えます。そのためパネル式のブラインドにも、遮光性の高い生地を使ったものや撥水・防水加工された布製のブラインドもあり、オーダーメードやセミオーダーなどで扱われることも多いようです。

【フッ素コート・チタンブラインド】

汚れが付きにくいブラインドとして知られるのが、フッ素コートや酸化チタンのブラインドです。フッ素コートの場合、隙間を空けている時に光が乱反射しにくくインテリアとしても使いやすいのが特徴です。また、酸化チタン加工されているブラインドは、日差しが直接あたるところで使用すると汚れを分解してくれるため、掃除の手間がかかりません。

インテリアカーテン

ブラインド

レースカーテン

のれん

すだれ

車用カーテン

シャワーカーテン

アコーディオンカーテン

カーテンレール

遮光カーテン

防音カーテン