遮光カーテン

遮光以外にも

エアコンの効率を上げたり防音効果もある遮光カーテンは、デザインなどと共にカーテンを選ぶ際の基準にもなりますよね。通販やインテリアショップでは、デザイン性にもこだわった遮光カーテンを扱うところが増えてきていますので、自分の用途に合わせた遮光カーテンを上手に使いこなしましょう。

用途にあった遮光カーテンを!

遮光カーテンの遮光度にも違いがあります。自分に必要な用途に合わせて、自分にあったカーテン選びをしましょう。冷暖気調整役にもなりますので、じっくりえらびたいですね。

遮光カーテンの特徴

【遮光性(等級)】

光を通さない生地を使っているカーテンを遮光カーテンといいます。この遮光性には、使われている生地の遮光率によって等級がきめられておいて、遮光性が99.99%以上の1級遮光から遮光率が99.40%以上の3級までの遮光等級と、遮光率が99.39%以下で遮光性がないタイプに分かれています。たまに「完全遮光」と呼ばれるものを見かけることもありますがこれは一級の遮光カーテンと同じものの場合もあります。中には遮光率が100%の生地を使った遮光カーテンもありますが、カーテンの使い方によって完全に遮光することが出来ていない場合もあるようです。

【利点】

遮光カーテンを下ろしている時に、外からの光さえぎることが出来るため直射日光が当たる西向きの部屋や昼でも部屋を暗くしておきたいときなどに便利です。また。遮光性の高い遮光カーテンほど冷暖房の効果を上げる役割をしてくれます。夏の暑い日ざしをさえぎり、冷房温度を控えめに設定することも可能ですので、省エネグッズとしての利点でも注目を集めています。また、特別に防音加工が施されていないものでも、社交性のないカーテンに比べ遮光カーテンには防音効果もあります。

遮光カーテンの種類とその特徴

【ドレープカーテン】

遮光性のあるカーテンは、もともと厚目の生地が使われているドレープカーテンに多いのが特徴です。しかし、遮光カーテンは、遮光性が高いものになればなるほど生地に使われる色合いが暗くなってしまいがちです。デザイン性の高いインテリアカーテンとして鮮やかな色合いを選びたい場合には遮光カーテンのデザイン選びか若干難しくなる場合もあります。

【レースカーテン】

レースカーテンは一般的に光を通しやすい素材で出来ているもですが、ミラーカーテンや薄い布を使ったシアータイプのプライベートカーテンには遮光性のある素材や加工が施されているものもあります。一枚で使うには、完全に光をさえぎるというレースタイプの遮光カーテンはあまり見かけませんが、デザイン性が高く遮光性のあまり高くないドレープカーテンと重ねて使えば、遮光カーテンのデザインや色使いを選ぶ際の幅が広がりますよね。

【ロールスクリーン】

遮光カーテンとして使われているカーテンの中には、ロールスクリーンタイプやパネルタイプのものもあります。ドレープカーテンに比べすっきりとした雰囲気になるため、リビングやキッチンなどに取り付けるタイプの遮光カーテンとしても人気があります。遮光性を高めるためには、使用する窓やサンのサイズに合わせたものを使う必要がありますので、オーダーカーテンとして通販などで購入する人も多いようです。

遮光カーテンの選び方・使い方

【デザインの選び方】

遮光カーテンに使われている生地は、光を通さない加工が施されているためかなり密度の高い印象を受けます。そのため、カーテンのデザインも薄い色あいや鮮やかなカラーが出しにくいのが特徴です。遮光カーテンとしての機能性を重視する場合には、無地がおすすめです。重たい印象を与えがちな遮光カーテンを少しでも軽く見せるためには、リネンやコットンなどを取り入れた白やベージュなど明るい色やシンプルな単色のものを選ぶのがポイントです。

【遮光性を高める工夫】

遮光率が高いものを選んでも、使い方やカーテンの位置によってあまり暗くならないと感じる場合もあります。こういった場合には、遮光性のあるレースのカーテンを重ね使いするのも良いですが、遮光カーテンの裏に薄い遮光性のある生地を縫い付けるのもおすすめです。この時、元のカーテンの長さより少し長めに取った裏地をつけると、ボックスのような効果も出すことが出来るので、より遮光性の高い自分だけの遮光カーテンを作ることが出来ます。また、もともと遮光率のあまり高くない遮光カーテンを使っている場合にも有効ですよ。

インテリアカーテン

ブラインド

レースカーテン

のれん

すだれ

車用カーテン

シャワーカーテン

アコーディオンカーテン

カーテンレール

遮光カーテン

防音カーテン